Skip to content

新規のお申込みはメールでお問合せいただけますと助かります

ブログ一覧

Stressed,Asian,Woman,Drying,Sweat,With,A,Cloth,In,A

STOP!熱中症

5月~9月は令和4年度の「STOP!熱中症クールワークキャンペーン」です。 6月に入り、気温がとても高くなる日も出てきました。 本格的な夏本番となる前に、今一度熱中症予防対策について知識を深め、 体調管理に気をつけていきましょう。   ❖熱中症の発生状況   👒熱中症の月別発生状況 全体の8割以上が7月及び8月に発生おり、 6月~9月における月別の死傷者数に占める死亡者の割合は、7月、8月、9月の順に高くなります。   👒職場における熱中症発生状況 過去10年の年平均で死傷者数が638人、その内死亡者数21人。 直近3ヵ年における死...
Cute,Little,Girl,Hug,Cuddle,Excited,Young,Mum,Show,Love

たばこと健康

こんにちは! 5月に入り、日差しが強くなってきて、暑いと感じる日も出てきましたね。 ぽかぽかして、外でも過ごしやすいこの季節がとても好きです🎏 さて、5月31日はWHO(世界保健機関)により定められた、 「世界禁煙デー」です。 また、厚生労働省では毎年5月31日から6月6日を「禁煙週間」と定めています。 今回は、禁煙と健康問題についてお話ししたいと思います。     ✜ なぜ、たばこは体に悪い?    ☁健康への影響は3つの要素があります。   1.有害性   代表的な有害物質:ニコチン/アセトン/ブタン/ヒ素/カドミウム/...
A,Blue,Tit,Sits,On,A,Beautiful,Branch,With,Cherry

春の不調と自律神経の関係

こんにちは。 春の陽気で気持ちのいい日々ですね。 新生活への期待が高まる一方、季節の変わり目で日々の寒暖差や気圧変動が大きく、体調不良が起きやすいのも春です。 この季節、「やる気が出ない」「頭痛がする」「日中眠くなる」などといった経験はないでしょうか? このような症状は、自律神経の乱れによって引き起こされています。 なんとなく不調が続くときは、無意識に心身に影響を与えてる自律神経のバランスが崩れているかもしれません。      🌸自律神経とは?   2つの神経(交感神経と副交感神経)がバランスを取りながら、体の動きを調節してくれます。  ...
Workspace desk and copy space books, plant and coffee on white desk at modern office.

事務所移転作業に伴うリモート対応のお知らせ

日頃より大変お世話になっております。 この度、弊社オフィスを移転することとなりました。 新オフィスでの業務開始は4月中旬を予定しております。 移転作業に伴い、誠に勝手ながら4月中は全スタッフがリモート勤務にて対応致します。 固定電話へご連絡いただいた場合は、後ほど折返しご連絡させていただきます。 なお、弊社でのご面談につきましては、これまで通り実施いたしますのでご安心ください。 皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。 なお、状況により3月中よりリモート対応を実施する場合がございます。 迅速な対応に努めてまいりますので、何卒ご理解賜りますようお願い...
Two,Friends,Toasting,With,Glasses,Of,Light,Beer,At,The

お酒と生活習慣病の関係

こんにちは、仙台かわすみ産業医事務所です。 3月に入りあたたかくなってきましたね。 年度末であるこの季節、普段飲酒の習慣がある方もそうでない方も飲酒の機会、量ともに増えがちです。 また、コロナ禍以降ひとり当たりの飲酒量が増えたという調査結果も出ており、適正飲酒を心がけることは、健康づくりの視点からみてもとても重要です。   お酒による健康被害は、過剰摂取による急性アルコール中毒やアルコール依存症、アルコールの分解工場である肝臓の機能障害だけでなく、日本人の国民病である生活習慣病と密接な関係があります。   今回は、アルコールが招く生活習慣病についてお話ししたいと思います。 ...
Healthy,Lifestyle,Concept,,Diet,And,Fitness

健診結果でSOSをキャッチ!「血中脂質編」

こんにちは。 今回は、健診結果でSOSをキャッチ!第3弾の「血中脂質」編です。 脂質は、体になくてはならない重要な栄養素のひとつで、 血液中に含まれる脂質を「血中脂質」といいます。   ❖脂質のはたらき    ●コレステロール:  からだを構成する細胞膜や、ホルモン、胆汁酸などの原料  ●中性脂肪:  体内にストックされるエネルギー源、体温の保持・衝撃の保護に必要な皮下脂肪     ☞体内で脂質がうまく処理されない、食事からとる脂質が多すぎるなどにより、血中脂質が基準値から外れる状態を、脂質異常症といいます。       ∞...
Dog,And,Cat,Under,A,Plaid.,Pet,Warms,Under,A

気をつけたい冬の血圧管理

こんにちは。 先月、「冬の健康管理」についてお話させていただきました。 今回は、「冬の血圧管理」をテーマにお話しいたします! 冬は心臓発作で倒れる人がいちばん多い気でsつです。寒暖差による急激な血圧変動を繰り返すこの季節は、何気ない普段の生活の中に、血圧の乱高下から突然死を招く危険因子が潜んでいるため要注意です。       ゜。゜。冬に多い「高血圧突然死」。゜。゜   ♥血圧が上がりやすいときは… ○お酒を飲みすぎたとき ○長時間サウナに入ったとき ○強いストレスを感じたとき など   ♥これら以外にも、冬に多いの...
Robin,Redbreast,In,November,When,Storm,Arwen,Hit,The,Uk.

気をつけたい冬の健康管理

明けましておめでとうございます。 年末年始はゆっくり過ごされましたでしょうか。 お正月は過ぎましたが、飲酒事故など、この時期の行事が原因となる事故報告も多くなる時期です。 寒さによる心臓突然死のリスクが高まったり、地域によっては凍結による転倒被害も発生します。 季節や地域の特徴を踏まえた病気や怪我のリスクを把握し、対策を心がけていきましょう! そんな今月のテーマは「冬の健康管理」についてです。     。〇⛄感染症⛄〇 。   ●インフルエンザ インフルエンザは毎年年末にかけて感染者の報告が増加し、年末になると一度減ります。 12月に注...
AF1E368B-4009-4E94-AD5E-C7419F1E41E8

ハラスメント対策の重要性

こんにちは、メディカルロゼです。 12月に入り寒さが本格的になってきましたが、体調など崩されていませんでしょうか。 さて、12月は「職場のハラスメント撲滅月間」と厚生労働省で定められています。 今回は、ハラスメント対策についてお話したいと思います。         職場の様々なハラスメントは、働く人が能力を十分に発揮することの妨げになるだけでなく、 個人としての尊厳や人格を不当に傷つける等の人権に関わる許されない行為です。 企業にとっても、職場秩序の乱れや業務への支障が生じたり、貴重な人材の損失につながり、社会的評価にも悪影響を与えかねない大きな問題です...
Medical,Examination,Report,And,Stethoscope,On,White,Desktop

健康診断でSOSをキャッチ!「腎機能」編

こんにちは。メディカルロゼです。 7月に健診結果からみる「肝機能」についてお伝えしましたが、 今回はその続編「腎機能」についてお話ししたいと思います。    ◆肝臓の主な働きって?   腎臓は、血液をろ過して老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出してくれます。 また、体に必要なものは再吸収し、体内に留める働きをしています。 ★腎臓の機能が低下している意味 からだに不要な老廃物を体外に排出する働きが落ちているということ。 ほおっておくと、腎機能障害や腎不全となって人工透析が必要になり、日常生活に大きな支障をきたす恐れがあります。 また、脳卒中や心筋梗塞を引き起こす要因にもなりま...
Doctor,Woman,Sitting,With,Male,Patient,At,The,Desk

受けよう、がん検診

今月10月1日~31日はがん検診受診率向上キャンペーン月間です。 皆様、がん検診は受診していますか? がんは、昭和56年より日本人の死因第1位の病気です。 平成27年には年間約37万人、3人に1人が”がん”によってなくなっていることになり、 今後も高齢化に伴い死亡者数の増加が見込まれています。 日本人にとって「国民病」とも言える”がん”。 今回は、「がん検診」の大切さをお話しします。   🔍がんの死亡率を下げるのは「がん検診」  がんは遺伝すると言われていますが、実は遺伝によるがんは5%程度。 喫煙・食生活・運動などの生活習慣が原因である方が多く、 これらに気を付けることで発が...
Beautiful,Senior,Couple,With,Bicycles,Outside,In,Spring,Nature.

セルフケアでメンタルヘルス不調を未然に防ごう

昨年から続くコロナ禍の影響で、感染しないために手洗い・消毒が習慣になりました。 万が一罹患してしまったときは、医療機関に受診するなどして早急に対応し、 重症化しない工夫や治療を受けると思います。セルフケアへの対応も考え方は同じです。 ※セルフケアとは:メンタルヘルスの不調を未然に防ぐための取り組み メンタルヘルス不調にならないために、日ごろから自身のメンタルヘルスに注意を向け、 不調に陥った時、精神的な病気にかかった時は、ケアをし、 医療機関を受診する等対処することが大切になります。      ♥ストレスへの対応~ストレスケアはメンタルヘルスの要!~ &nbs...
Analysing,Food,,Pesticides,Free,Vegetables

8月は食品衛生月間です

こんにちは。毎日暑い日が続きますが、皆様体調は崩されていませんでしょうか。 今の時期は食べ物も傷みやすく、食品の管理は一段と気を遣うところですね。 食中毒事故の防止と衛生管理の向上を図るため、8月は「食品衛生月間」と定められています。 ということで、今回は食中毒予防についてお話します!        予防策①いつも清潔にしましょう!   ★食中毒の予防は、台所の衛生管理から 掃除はすみずみまで行き届いていますか? 調理の下準備で、流し台まわりが汚れていませんか? 以下を参考に、食品を手にしたり調理したりする台所だからこそ徹底した衛生管理を心がけましょう。...
Wind,Chime,In,Japan

夏季休業のお知らせ

弊社では、誠に勝手ながら下記日程を夏季休業とさせていただきます。   ●夏季休業期間 2021年8月7日(土)~8月15日(日)   休業期間中のお問い合わせ等に関しましては16日以降にご対応させていただきます。 大変ご不便をお掛け致しますが何卒よろしくお願い申し上げます。  
C38A141E-5670-4960-B142-8422A21ACF81

健康診断でSOSをキャッチ!「肝機能」編

こんにちは。梅雨が本格化し、ジメジメした毎日ですね。 突然ですが、皆様、健康診断の結果はきちんと見ていますか? 見てもよくわからないところがある…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そこで今回は、健康診断結果からみる「肝機能」についてお話ししたいと思います。  ◆肝臓の主な働きって?   ①体に必要な蛋白の合成・栄養の貯蔵 ②有害物質の解毒・分解 ③食べ物の消化に必要な胆汁の合成の分泌 胃から運ばれてきた食べ物を貯める→アルコールなどの分解→体や消化に必要な成分の合成・分泌 という風に、肝臓は栄養素の生産、リサイクルの中心を担っています!      ◆肝...
shutterstock_768916189

熱中症予防+コロナ感染防止で「新しい生活様式」を健康に!

   コロナ禍も2年目。今年もまた暑い季節がやってきますね。  例年より各地の梅雨入りも早く、長梅雨による湿気と梅雨上げ後の猛暑が心配されます。  今回は、コロナ禍での熱中症対策についてお話したいと思います。     5月~9月までの長期間、熱中症のリスクは高い  熱中症になる人が増え始めるのは、急に気温が上がる5月のゴールデンウイーク前後。 暑くなり始めは汗をかくことに慣れていないため、体温調節がうまくできないことがあり、その影響によります。 梅雨に一旦落ち着きますが、梅雨明けの7月頃にピークを迎えます。    また、近年はお盆を過ぎた9月になっても残暑が厳しく、真夏日に...
shutterstock_1430342918

御社に「健康管理室」を設置しませんか?

保健師を常駐させるほどではない、 でも気軽に相談できる専門家がいたら心強い   健康診断やストレスチェックの結果をもっと活用して 社員の元気度を上げたい、高齢化に備えたい   健診の予約等の管理を社内スタッフで行っているが 他業務に追われて手が回らない   社員のプライバシーを尊重しつつ、適切な健康管理をしたい   社員が専門家に直接相談できる窓口が欲しい   年間通しての衛生計画を立てたいが何をしたらいいかわからない 健康経営に取り組みたい もっと社員の安心感、満足度を高めたい   ・・・こんなお悩みや思いがある場合、「健康管理室」...
logo_small_icon_only_inverted

日本産業保健法学会設立のお知らせ

2020年11月1日、日本産業保健法学会(JAOHL:ジャオール)が発足しました。 (代表川住が、書記・事務局として参加しておりますので、ご紹介させて頂きます) 法知識をベースに産業保健に関する現場問題の解決・予防を図る、新しい学会で、メンタルヘルス法務主任者の資格制度もあります。 入会には会員の推薦が必要ですが、入会ご希望の方はご連絡ください。  ↓学会サイトへのリンク   2021年9月23日、24日には、第1回学術大会も予定しています。  ↓第1回学術大会サイトへのリンク また学会所属の相談員による、産業保健よろず相談室「JAOHL相談室」も試験的に開設されています。 どなたでもご質問、...
shutterstock_685472641

お盆期間休業のお知らせ

8月8日(土)〜8月16日(日)は休業とさせて頂きます。 8月17日(月)より営業致します。 休業期間中のお問い合わせ等に関しましては17日以降にご対応させていただきます。 ご不便をお掛け致しますが何卒よろしくお願い申し上げます。
shutterstock_124533580

熱中症に注意③熱中症とクーラー病の予防

今年も、暑くて厳しい夏が来ました。 近年、地球温暖化により気温が上昇し、熱中症を発症する人が非常に増えています。 さらに、暑い屋外とクーラーが効きすぎた屋内との寒暖差に体調不良を訴える「クーラー病」になってしまう人もいます。 今回は、クーラー病(寒暖差疲労)についてご紹介いたします。   夏場にオフィスや飲食店などではクーラーが効きすぎていると感じる場合があります。 特に男性に比べ女性は、筋肉量が少なく脂肪が多いため、夏場でも冷えを感じやすく、一度冷えると温まりにくい身体的特徴があります。 1日中冷房によって体が冷やされることで、頭痛や肩こり、腰痛、吐き気、むくみ、不眠、食欲不振など...
shutterstock_1729248232

熱中症に注意②マスクと熱中症の関係は??

今年は夏になっても、暑くてもマスクが要るワケ 最近では「マスクによる熱中症」が話題になっています。 新型コロナウイルス感染症の流行が続き、ソーシャルディスタンスをとるなど対策が必要であり、まだ油断はできません。 さらに暑くなる時期を控え、マスク着用における注意点をおさえておきましょう。 単に「マスクをしていると暑いから熱中症になる」と言うわけではなく、 「マスク着用中はマスク内の湿度が上がるため喉の渇きに気付きにくくなる」ことで、 知らぬ間に脱水になりやすく、また感染予防でマスクをできるだけ外さないようにしていることによって水運動や体を使う作業の際のマスク着用も注意し、 少し運動量を下げるなど...
shutterstock_768916189

熱中症に注意①

いよいよ東北地方の梅雨が明け、例年より8日遅れて夏が到来しました。 近年、気候変動やヒートアイランド現象の影響により夏の暑さは厳しさを増しており、熱中症患者の増加や快適性の低下など人々の生活に影響を及ぼしています。 また日本の気温上昇は世界の平均より早く、今後も気温上昇が続くことが予想されています。 暑さ対策・熱中症対策は重要な健康課題の一つであり、東北、そして仙台も例外ではありません。 いつでもどこでもだれでも、条件次第で熱中症にかかる危険性がありますが、熱中症は正しい予防方法を知り、普段から気をつけることで防ぐことができます。 ここでは熱中症の症状とその予防・対策について、3回シリーズでご...
FD144801-CD78-437D-A9EB-FC14AE060C2C

「保健師による産業保健支援サービス」のご案内

産業保健師や産業看護師は、医学知識を生かして職場内での健康管理体制の充実化、個々の社員様の健康管理に携わります。 産業保健師などの健康管理専門のスタッフがいない職場では、健康診断やストレスチェックの事後措置ができない、他の業務と兼務しているため健康診断などの手配業務が負担になっている、社員が気軽に相談できる窓口がない、プライバシーが守られているのか心配、といった問題が生じがちです。 保健師が単発あるいは定期的に訪問することで、御社に必要な健康管理体制を整え効率よく必要な安全配慮措置をとることができ、また、社員様の健康相談の窓口として社員様の安心感・満足度向上にもつながります。   1...
FB2D77A7-6FCC-49A7-AB59-4B4F5E660689

保健師による個人カウンセリングのご案内

仙台かわすみ産業医事務所の川住です。 ちょっと気になる症状があるけど放置してしまっている、 悩み事があるけど、できれば身近な人には知られたくない、 相談できる人がいない、 家族の健康について心配なことがある‥ こんな時、悩みを抱えて我慢を続けるよりも、 早めに医療従事者やカウンセラーに気軽に相談できたら、 問題が大きくならずに早く解決したり、気持ちが楽になるかもしれません。 この度、主に契約企業様へEAP(Employee Assistance Program)従業員援助プログラムを開始いたします。 従業員様が会社担当者様を介すことなく、 保健師(必要時は医師)、産業カウンセラーに直接、電話、...
shutterstock_298791248 (2)

梅雨時の衛生面の注意点~どうして梅雨は不調が多い?~

先日、東北地方の梅雨入りが宣言されました。 梅雨の時期は、気圧の変化が大きい!そして、人の体は気圧の変化に敏感です!! 気圧の変化に伴う不調が出やすい時期です。そのメカニズムは… 気圧が50hPa以下、つまり、天気の悪い日は体が外に膨らませようとする👉力が働く👉しかし、実際には体は膨らまない! 体内では膨らむ力に対抗!血管や筋肉を収縮させて体内の圧を調整しようとする👉体がこの動きを「ストレス」と認識したり、自律神経も乱れ体調不良として出現!  気分の憂鬱さ ・体のだるさや疲れ  頭痛や食欲不振 ・肩こり、腰痛、関節痛、神経痛 など・・・ 心身の調...
600566450854

【産業保健法学会】新型コロナウィルス感染症に関する労務問題Q&A公開

【新型コロナウィルス感染症に関する労務問題Q&A公開のご案内】 2020年11月に正式に発足する日本産業保健法学会より、新型コロナウィルス感染症に関する労務問題Q&Aが公開されております。 実際に現場で悩まれる皆様にとって大変役立つ内容となっておりますので、ぜひご一読ください。 (以下、日本産業保健法学会からのご案内文) 私たち、日本産業保健法学会では、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に関する代表的な労務問題について、当学会プロジェクトチームの考えを、学会ホームページにてQ&A形式で公開しました( https://jaohl.jp/qa/ )。 登録やパスワードなど不要で、どなたで...
396CF035-BF95-4101-B8BB-B897F7269D82

はじめまして。保健師です。

はじめまして。 4月から新たに配属になりました、保健師の佐々木です。 保健師は幅広い年代の方々を対象に、病気になる前の健康状態をサポートする仕事です。 日 頃のメンタルヘルスを含む保健指導や健康相談、健康教育のほか、職場復帰支援や治療と仕事の両立支援など、幅広い産業保健活動の業務を担 います。 特に産業保健分野では働く人々の健康をサポートします。健康相談の窓口となり、従業員の皆 様にとって身近な存在として対応し、潜在している問題の早期発見や解決をサポートします。 従業員の皆さんや人事労務担当者、産業医の先生方などをつなげられるよう、企業の産業保健 活動をよりすすめられるよう、お手伝いしていきた...
57ee7bc555dce7721c5239d0ea5855b5_m

事務業務テレワーク化のお知らせ【契約企業様へ】

お世話になっております。 産業医の川住です。 この度、COVID-19に対する緊急事態宣言が全国に対象拡大されたことに伴い、弊社事務作業をテレワーク対応とすることとなりました。 また、弊社オフィスが所在するレンタルオフィスREGUSの受付業務も当面の間中止となります。 オフィス入り口の閉鎖、代表電話受付対応ができなくなりますので、ご契約企業様におかれましてはご連絡の際はメールまたは川住携帯にお願い致します。 初めてお問い合わせ頂く場合は、本HPにありますお問い合わせフォームからお願い致します。 ご不便をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。   皆様も大変な状況かと存じま...
f3212401b35365271367f937ecf208f5_m

契約企業様へ【COVID-19対策下の産業医活動につきまして】

契約企業の皆様  このたびの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止に伴い、社内での感染防止策、時差出勤・テレワークの検討・活用を進める一方で、従業員様の健康管理や感染が疑われる方への対応には通常以上に苦慮されている事と存じます。    政府が指導する3密を避けるため、各事業場において通常通りに安全衛生委員会を開催することが難しい場合も多々あるかと存じます。弊社ではWebサービスを用いたテレビ会議やテレビ面談にも対応しております。会議開催や外部からの訪問による面談が難しい場合、至急で健康相談したい場合などにご活用いただければと思います。設備等条件によっては難しい事もあろうかと思い...
54A66216-E658-45A1-99FB-6CA076966D31

積雪や凍結!冬道の走行

路面の凍結によるスリップ事故に代表されるような、冬道の走行は危険がいっぱいです。 他の季節とくらべ著しく異なる路面環境が引き起こす事故を未然に防ぐため、正しい知識と装備、そして冬道に応じた安全運転を心がけましょう。   〇冬道事故の特徴 (1)スリップ事故 路面の積雪や凍結により、タイヤが路面を滑ってしまったために起こる事故で、おおむね次の3つのパターンに分けられます。 「車間距離が不十分による追突事故」 「カーブでのスリップによるはみ出し事故」 「尻振りスリップ事故」   (2)視界不良による事故 吹雪や地吹雪、激しい降雪のために視界が著しく悪くなり、前方が見えなくなった...
FD144801-CD78-437D-A9EB-FC14AE060C2C

弊社所属産業医について

 産業医の川住です。  朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。今年はインフルエンザの流行が早く、また宮城県内感染性胃腸炎等も流行しておりますので体調管理に十分ご留意ください。    さて、今年からは、嘱託産業医業務をお手伝い頂く医師が増え、現在、3名の医師が弊社所属産業医として稼働しています。  新たに産業医をお探しの事業所様におかれましては、川住の他、弊社所属産業医が産業医業務を担当する場合もございますが、それぞれの専門分野、得意分野も活かせるよう、事業所様と相談しながら医師を配置しておりますのでご安心ください。    所属産業医はいずれも女性医師で、家庭や研鑽・趣味の時...
0498267C-19CC-4390-9F95-51093E84023B

感染症の予防

風邪やインフルエンザの流行期には、ドアノブや電車のつり革など、様々な場所にウイルスが付着しており、それを触った手で、自分の眼や鼻、口を触ったりすることでウイルスが体内に侵入し感染します。手にウイルスが付着することを未然に防ぐことは困難ですので、様々な感染症から身を守るために「手洗い」がとても大切になります。   ■正しい手洗い方法 流水と石鹸を使い、指先、手の甲、親指、指の間と、洗い残しやすい部分も忘れずにしっかりと時間をかけて手洗いします。流水はできればシャワー状が良いでしょう。 時間の目安は「約20秒」です。洗い終わったら、流水でしっかりすすぎ、清潔なタオルで充分にふき取りましょ...
DBEBE62E-4C70-48E2-8427-E043EEB20A9E

脂質のコントロール

中性脂肪やコレステロールなどの脂質は、たんぱく質、糖質と並ぶ三大栄養素の1つで人間の体に必須の栄養素です。資質は肝臓でつくられたり食事からとったりするので、足りなくなることはほとんどありません。むしろ、食生活の欧米化等により、現代人は資質をとりすぎる傾向にあります。   【脂質のとりすぎによる影響は】 肥満や脂質異常症はメタボリックシンドロームの危険因子の1つでもあります。こうした状態を長く放置していると、動脈硬化が進み、その結果、狭心症や心筋梗塞などの心疾患、脳出血や脳梗塞などの脳血管疾患を引き起こす原因となります。   【脂質の上手なとり方】 脂質を構成する脂肪酸には、...
2377959D-0C7F-453B-BA7C-1EF62041AC9C

人工甘味料の落とし穴と上手な付き合い方

  《人工甘味料の国内の現状》 「健康志向」や「ダイエット志向」の食品が多く出回るようになり、特に「低カロリー」「ゼロカロリー」をうたった食品は多くみられます。国内の砂糖の需要量は年々減り、代わりに「カロリー低減のための人工甘味料への切り替え」が増えています。国内で需要が特に多い人工甘味料には、スクラロース、アスパルテーム、アセスルファムカリウムです。例えば、スクラロースは、ショ糖(砂糖)の3か所の水素塩基を塩素原子に置換した化合物です。甘味度はショ糖の約600倍である一方、エネルギーは1gあたり0kcalです。主に、飲料水や菓子、菓子パン、ガム、タブレットに、コスト低減やカロリー低...
AF1E368B-4009-4E94-AD5E-C7419F1E41E8

産業医・保健師の募集につきまして

現在、産業医(正社員・非常勤)と保健師(正社員・非常勤)を募集しております。 詳細は採用情報をご確認ください。 採用に関するご質問、ご応募は採用応募フォームよりお待ちしております。     合同会社メディカルロゼ 人事担当 高橋          
726B3F15-CDF9-4055-8B6A-C8FEC8858A1D

モラルハラスメントについて

職場のハラスメントの代表的なものに、パワーハラスメント、セクシャルハラスメント、マ タニティハラスメントがあります。その他にもモラルハラスメント、スメルハラスメント、 ジェンダーハラスメントなど様々な職場での問題が提起されています。 モラハラとは・・・ 「言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人間の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせること」 (厚生労働省「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」より)   モラハラは、フランスの精神科医により提唱された概念で、言葉や身振り、...
34A10646-0840-40B8-8E9D-A94DCC44A55B

お盆期間休業のお知らせ

8月10日(土)〜8月18日(日)は休業とさせて頂きます。 8月19日(月)より営業致します。
299E26C3-E205-42CB-9CD5-F9B2FEA29A75

夏に注意する病気・体調変化

夏、主に高温多湿な環境による様々な体調不良や病気が発生しやすくなります。 夏に起きやすい病気や体調不良を予防し、元気に夏を過ごしましょう!   【熱中症】 月から急増し、7月、8月にピーク!ただし、初夏や残暑も急激な気温上昇時は注意が必要。 ●こんな症状に注意 頭痛、めまい、吐き気、筋肉痛、けいれん 初期症状に気づいたら早めに涼しい場所へ移動し休養しましょう。 重症化すると意識障害を生じ、大変危険です。 ●救急車要請のタイミング 自力で水分を取れない、意識が混濁している⇒迷わず119番! 休養しても改善しない場合も受診しましょう。 ◎予防 ①当日の熱中予報をテレビなどでチェック! ②...
101305EE-C694-4A5F-8C7F-3F874F28A03A

産業医の募集につきまして

現在、産業医を募集しております。 詳細は採用情報をご確認ください。   ※募集内容は随時更新予定です。 https://medicalrose.co.jp/recruit
C38A141E-5670-4960-B142-8422A21ACF81

健康診断の活用法とオプション検査

1年に1度の健康診断。受けるだけではなく効果的に活用しましょう!   健診結果が届いたら   ①  検査数値を経年変化で見ましょう 正常範囲内でも徐々に数字が変化している場合は、早めに対策することが病気予防につながります。 例)標準体重だけれど、体重が前年より増えている、または減っている   血糖値が徐々に高めになってきたので、甘いものは控えめにする、 など   ②検査数値の変化の原因を自分なりに考える 例)体重増加について⇒運動量が減ったからだろう 肝機能が改善している⇒節酒が効いている! 自分なりの健康法が自分に合っているかどうかの目安になります。  ...
7FC495F7-85AD-4004-8DFF-548FB7B37C2E

自律神経失調症について

GW明けの5月は環境の変化による疲れが出やすい時期と言われています。 なんとなく怠い、疲れが抜けない、ぼんやりするなどの症状は自律神経の乱れによるものかもしれません。   自律神経が乱れる原因と症状 〈自律神経が乱れる原因とは〉 ①不規則な生活⇒交感神経・副交感神経のバランスが取れなくなる ②ストレスによる刺激 ③更年期におけるホルモンの乱れ(更年期障害) ④気温の変化 …交感神経は冬に活躍しやすく、副交感神経は夏に活躍しやすい ⇒季節が移り変わるときに乱れやすい   自律神経失調症にならないためには [生活リズムを作る] →生活リズムが乱れると体内時計のリズムが乱れ、自律...
955D2D00-C582-4FCA-883D-F42C5E244AE2

GW休業についてのお知らせ

4月27日(土)〜5月6日(月)は休業いたします。 5月7日(火)より通常どおり営業させていただきます。
396CF035-BF95-4101-B8BB-B897F7269D82

新入社員の健康管理について

新年度が始まりました。 新入社員を迎える企業側としては、最初の一年間に離職をいかに防ぐかが大きな課題です。 まずは近年の離職率の傾向や、離職の理由になりうる心身の不調として挙げられるもの、 そしてストレスとの関係について触れていきたいと思います。   新入社員の離職率の動向 新入社員の離職率は、ここ20年ほど横ばいになっており、定価の兆しを見せません。更に、3年間で離職する人のうち、4割~5割が就職して1年以内に退職していることがわかっています。   新入社員に多い心身の不調 新入社員の離職の原因の一つに、心身の不調が挙げられます。新入社員の半数以上がストレスを感じ、その7...
D9B3EE66-E881-4E20-AC58-2CB5D91FA3E0

耳鳴りの基礎知識

周りに音がなくても聞こえる現象を耳鳴りといい、特に65歳以上の人の約30%が耳鳴りの経験があるという報告もあります。耳鳴りのある人全員が重症のわけではありませんが、約5%の人が慢性化したり、頻発したるする耳鳴りを苦痛に感じていると言われています。また、耳鳴りによるストレスを放置すると、自律神経に悪影響を及ぼしひどくなることがあります。 耳は大きく【外耳】【中耳】【内耳】の3つに分かれています。 【外耳】、【中耳】は伝音系といって音を集め、感音系の【内耳】に伝えます。 感音系の【内耳】は音を電気信号に変え、脳にどんな音かを理解させて役割です。 多くの耳鳴りの原因となっているのは感音系の障害による...
BAA26F6D-EC47-4EFF-B385-46028B7DB422

風疹対策について

国は東京五輪開催の2020年度までにリスクの高い感染症として”風疹”の「排除」を掲げる取組みを開始しています。 現在免疫が十分でないとされる世代の男性に向けて抗体検査及び予防接種の原則無料化を行っています。   ■風疹に対する抵抗力が必要な理由と影響について 成人は小児に比べて症状が重くなることがあります。 風疹への感染で危惧されているのが電車や職場など人が集まる場所で、多くの人に感染させる可能性があることも懸念されています。 特に職場での風疹予防対策は、社会全体の風疹拡大防止にもつながる為、予防への理解・協力が急務とされています。 また、妊娠早期の妊婦に風疹を感染させると、赤ちゃん...
B0C5D0E5-7AAF-42D5-8CAC-F2C01F34C052

睡眠について

日々を元気に過ごすために欠かせない大切な休息時間である”睡眠”。 十分な睡眠をとれているからこそ日々を元気にいきいきと過ごすことができます。 睡眠が不足すると私たちの健康に様々な影響が出ることが確認されています。   [睡眠不足による影響] ・記憶力の低下 ・肥満になりやすくなる ・高血圧 ・睡眠時間5時間以下で糖尿病や心・脳血管疾患のリスクが5倍以上 ・うつ病   このように様々な影響が現れます。さらに睡眠不足が続くと体内時計にずれが生じます⇒睡眠障害 このずれを修正する重要な同調因子が「光」です。   [睡眠衛生の基本] ①朝日を浴びる ②昼間光を浴びて活動す...
96FEC860-DAEE-46CF-B568-7C8B1D3D97CC

火災予防の取組み

火災が発生しやすい時期を迎えるに当たり、火災予防思想を十分に理解して火災の発生を未然に防ぎましょう!   1.火災原因と予防方法 (1)放火の予防方法 駐車場、廊下に段ボール等の可燃物を置かないようにしてください。 ゴミ集積所の整理整頓を行い、扉の閉鎖を心掛けましょう。 (2)たばこ火災の予防方法 喫煙室の利用者はたばこに水をかける等して完全に消す習慣をつけましょう。 最終退出者は完全に鎮火していることの確認を心掛けましょう。 (3)電気火災の予防方法 長時間差したままのコンセントは、定期的に抜き差しし、乾いた布で清掃しましょう。 電気ストーブ等の周囲には、燃えやすいものを置かないよ...
7090A610-C888-42B5-B8F9-CD7A40508B6B

通勤にウォーキングを取り入れて運動習慣を身に付けよう

普通の歩きと違い、ウォーキングが運動であるのを知っていますか? 毎日の通勤も意識ひとつで立派な運動になります。   《意識するポイント》 ①歩幅 :できるだけ広めの歩幅でグイグイと進む ②姿勢 :背筋を伸ばして、足は前ではなく後ろに蹴り出す ③リズム:スピードに乗って一定のリズムでテンポ良く歩く   ◇ウォーキングフォームのポイント5つ [頭] 視線を前に向ける [腕] 腕は大きく前後させる [背中] 背筋を伸ばす [足] かかとから着地する [歩幅] 歩幅は出来るだけ広く   ◆ウォーキングの効果 毎日1駅歩くと3~7年寿命が延びると言われています。 身近なとこ...
55CF9730-19C7-4ADF-91E8-FAD23CD7F4A1

年末年始休業のお知らせ

12月29日(土)〜1月6日(日)は休業とさせていただきます。 新年は1月7日(月)より営業いたします。
FFC7788A-EEBE-430F-99E9-DC1AEDA36C40

飲酒についての知識

年末年始はお酒を嗜む機会が増えると思います。 飲酒をするうえでの注意点を知り、自分の体調にも考慮したうえで楽しみたいものです。 そこで今回は飲酒についての素朴な疑問をとおして、私たちの身体への影響について学んでいきましょう!   Q.ビールジョッキ1杯分(=500ml)のアルコール(約20g)は、体内で分解されて無害になるまでに何時間かかる?   A.男性:およそ4時間、女性:およそ5時間 ※飲み終わってからの時間の目安。体質・体重・体格などにより個人差があります。   睡眠や体調によってアルコールの分解は遅くなります。 ビールをジョッキで3杯飲んだ場合、男性でも...

産業医と保健師による「健康管理室」を御社につくりませんか?

Scroll To Top