新規のお申込みはメールでお問合せいただけますと助かります

火災予防の取組み

火災が発生しやすい時期を迎えるに当たり、火災予防思想を十分に理解して火災の発生を未然に防ぎましょう!

 

1.火災原因と予防方法

(1)放火の予防方法

  • 駐車場、廊下に段ボール等の可燃物を置かないようにしてください。
  • ゴミ集積所の整理整頓を行い、扉の閉鎖を心掛けましょう。

(2)たばこ火災の予防方法

  • 喫煙室の利用者はたばこに水をかける等して完全に消す習慣をつけましょう。
  • 最終退出者は完全に鎮火していることの確認を心掛けましょう。

(3)電気火災の予防方法

  • 長時間差したままのコンセントは、定期的に抜き差しし、乾いた布で清掃しましょう。
  • 電気ストーブ等の周囲には、燃えやすいものを置かないようにしましょう。

 

2.火災発生時の心得

(1)「火事だ」「119番してくれ」と大声で周囲に知らせてください。

(2)消火器及び消火栓で初期消火しますが、自分の身長以上に火が燃えあがっている場合は初期消火の限界を超えているので避難してください。火元の状況にもよりますが、出火から概ね2~3分と言われています。