新規のお申込みはメールでお問合せいただけますと助かります

飲酒についての知識

年末年始はお酒を嗜む機会が増えると思います。

飲酒をするうえでの注意点を知り、自分の体調にも考慮したうえで楽しみたいものです。

そこで今回は飲酒についての素朴な疑問をとおして、私たちの身体への影響について学んでいきましょう!

 

Q.ビールジョッキ1杯分(=500ml)のアルコール(約20g)は、体内で分解されて無害になるまでに何時間かかる?

 

A.男性:およそ4時間、女性:およそ5時間

※飲み終わってからの時間の目安。体質・体重・体格などにより個人差があります。

 

睡眠や体調によってアルコールの分解は遅くなります。

ビールをジョッキで3杯飲んだ場合、男性でも無害になるのに12時間。半日以上アルコールは体内から消えません。8時間寝たとしても、起きた時にはアルコールは体に残っているのです。

※「〜時間寝たから大丈夫!」は通用しません。運転すれば「飲酒運転」です!

⦅ビール以外の約20gのアルコール目安⦆

・缶チューハイ-1.5杯

・日本酒-1合

・ウイスキー-ダブル1杯

・焼酎-0.6合

・ワイン-2杯

 

Q.飲酒すると寝つきが悪くなるので、不眠に悩んでいる人には寝る前のお酒は効果的?

 

A.眠くなりやすいが、睡眠の質が悪化し、目が覚めやすくなるのでお勧めしません。

 

アルコールの血中濃度が高くなると、脳に鎮静をもたらすため眠くなります。しかし、分解されると急にその作用が抜けることで目覚めやすくなります。また、利尿作用によっても排尿で睡眠途中に目が覚めやすくなり、睡眠の質が悪くなります。不満に悩んでいる人は、寝酒はやめましょう。

 

※寝酒からアルコール依存症につながることも多いので注意しましょう。